• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

剛力彩芽は炎上覚悟…ZOZO銘柄が“ストップ高”になる秘策

投稿日:

 交際宣言から3カ月――。ワイドショーや情報番組では連日、公共の電波を使って女優・剛力彩芽(25)とZOZOTOWNを運営する実業家・前澤友作氏(42)の動向を取り上げている。おかげで剛力の人気はガタ落ちだ。W杯デートをにおわせる投稿から炎上し、インスタグラムを全削除したものの、新生・剛力を宣言したインスタでも懲りずに彼氏の寝顔をアップし再炎上、失笑を買う事態が続いている。

 もはや「所属事務所もお手上げ状態」(芸能界関係者)と囁かれるなか、今月1日には〈#ZOZOでは取り扱ってません〉のハッシュタグを添え、PRADAのナイロンバッグの写真を投稿。

「この新作バッグは伊勢丹新宿のメンズ館のみの取り扱いで数量も限定の商品です。税込みで9万5000円と“お手頃”ですが、いちいち前澤さんの顔がちらつく(苦笑い)」(ファッション関係者)なんて声が……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る