剛力彩芽は炎上覚悟…ZOZO銘柄が“ストップ高”になる秘策

公開日:

 交際宣言から3カ月――。ワイドショーや情報番組では連日、公共の電波を使って女優・剛力彩芽(25)とZOZOTOWNを運営する実業家・前澤友作氏(42)の動向を取り上げている。おかげで剛力の人気はガタ落ちだ。W杯デートをにおわせる投稿から炎上し、インスタグラムを全削除したものの、新生・剛力を宣言したインスタでも懲りずに彼氏の寝顔をアップし再炎上、失笑を買う事態が続いている。

 もはや「所属事務所もお手上げ状態」(芸能界関係者)と囁かれるなか、今月1日には〈#ZOZOでは取り扱ってません〉のハッシュタグを添え、PRADAのナイロンバッグの写真を投稿。

「この新作バッグは伊勢丹新宿のメンズ館のみの取り扱いで数量も限定の商品です。税込みで9万5000円と“お手頃”ですが、いちいち前澤さんの顔がちらつく(苦笑い)」(ファッション関係者)なんて声が……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る