今度はラーメン屋に 芸能界の転職王・坂本一生の“雑草魂”

公開日: 更新日:

 俳優の加勢大周(48)と所属事務所の芸名所有権を巡る騒動で、「新加勢大周」として坂本がメディアに登場したのが1993年。タンクトップでワイドショーに連日登場し、時の人となった。

 その後、坂本の地元、同県八千代市に「坂本一生ジム」をオープンさせたのは昨秋のことだ。2DKでひとり暮らし(バツ2)をしながら、借金2000万円を返済しての再出発。騒動直後から転職14回、いまは順調なのか。

「駅周辺でチラシを配ったり、住宅街で徹夜でポスティングしたりしたこともあって、昼カラオケ常連のマダムが団体で会員になってくださったりしています。ラーメンでもチラシを配りましたが、僕が手渡すと、SNSで店の情報を拡散してもらったこともあるんですよ。本当に、ありがたいっす」

 芸能界で「三流」と揶揄されても「上等」と笑い飛ばした坂本。実業家として経営哲学も雑草魂にあるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る