脚本家ジェームス三木さん 旧満州時代の写真はたったの1枚

公開日: 更新日:

 ところが、8月15日に日本は降伏し、頼みの綱の関東軍や高級官僚は僕ら日本人を見捨てて、我先に自分たちとその家族だけ先に帰国したんだから酷い話ですよ。その日から生活は一変。みんながみんなじゃないけど、中国の人たちは手のひらを返して日本人に暴行したり物を強奪したり。それまで植民地にされていた鬱憤晴らしをしたんだろうね。

 8月20日前後にはソ連兵がやってきて、さらに危険になった。母はもちろん女性たちは男に変装するため坊主頭にしてたし、ソ連兵が自宅に押し入り、床下に身を潜めたことが何度もありました。

 そんなある日、祖父が一族を集めてこう言ったんです。「ワシの一存でこんな所(満州)へ皆を連れてきて本当に申し訳なかった。これから苦労をかけるだろうが、許してくれ」。無念だったと思いますよ。帰国するには両手に持てるだけの家財道具が精いっぱい。長年かけて築き上げてきたものをすべて捨てなければならなかったわけですから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る