北山たけし&大江裕 「北島兄弟」が“師匠”に恩返しする日

公開日: 更新日:

 ところが、3月に予定していたレコーディングを前に急逝。当然、レコーディングは中止に。

■「紅白が目標」とキッパリ

「ツアーは名古屋から始まったのですが、7月の中野サンプラザでのコンサートまでにレコーディングを済ませようと決めたんです」(大江)

 そうして披露できたのが「ブラザー」(作詞・作曲・大地土子=本名・大野誠)。

「2人のことを思って大野先生が最後に手がけた作品ですから、涙を流して歌ったらかえって失礼になります」(大江)

 2人の掛け合いが入ってノリがいい。“ロック演歌”「ブラザー」の評判は上々。

「最近師匠が口にするんです。『前へ前へ』という気持ちが大切、後ろを向いてはダメだぞと。北島兄弟として歌う時は新人の気持ちです。北島という大きな名前をいただきましたし、大野先生の遺作を心新たに頑張って歌っていきたい」(北山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    「アノニマス」は香取慎吾ありき…物足りないテレ東らしさ

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    玉川発言が番組目玉 煽る報道は昔からメディアの常套手段

もっと見る