急死次男は“音楽の良き相方” 父・北島三郎の「塞翁が馬」

公開日: 更新日:

「あの、大事な、大好きな、かわいい我が子が、先に逝ってしまった」

 北島三郎(81)はそう絞り出すように言うと、次の言葉を継ぐことができずに、沈黙した。次男の大野誠さん(享年51)を亡くし、東京・新宿の京王プラザホテルで7日夜に行われた報道陣の囲み取材。左腕をスタッフに抱えられるようにして現れた北島は顔面蒼白で、「子どもに先立たれるつらさ、悲しみが身に染みています」と涙ながらに語った。

 誠さんは北島音楽出版の役員にして、元ミュージシャン。ロックバンド「1st BLOOD」のボーカルとして、1988年にデビューした際には「まだまだ俺にはかなうまい」などと辛口のエールを送ったそうだ。

 北島は改めて、こう振り返った。

「息子だけど、音楽の、とても良い仲間でもあった。良き相方。私ではとても思いつかないような歌詞など、素晴らしいセンスを持っていた。未発表曲もいっぱいあってね、それをこれから、あいつのためにも出していこうかと……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る