急死次男は“音楽の良き相方” 父・北島三郎の「塞翁が馬」

公開日:

「あの、大事な、大好きな、かわいい我が子が、先に逝ってしまった」

 北島三郎(81)はそう絞り出すように言うと、次の言葉を継ぐことができずに、沈黙した。次男の大野誠さん(享年51)を亡くし、東京・新宿の京王プラザホテルで7日夜に行われた報道陣の囲み取材。左腕をスタッフに抱えられるようにして現れた北島は顔面蒼白で、「子どもに先立たれるつらさ、悲しみが身に染みています」と涙ながらに語った。

 誠さんは北島音楽出版の役員にして、元ミュージシャン。ロックバンド「1st BLOOD」のボーカルとして、1988年にデビューした際には「まだまだ俺にはかなうまい」などと辛口のエールを送ったそうだ。

 北島は改めて、こう振り返った。

「息子だけど、音楽の、とても良い仲間でもあった。良き相方。私ではとても思いつかないような歌詞など、素晴らしいセンスを持っていた。未発表曲もいっぱいあってね、それをこれから、あいつのためにも出していこうかと……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る