急死次男は“音楽の良き相方” 父・北島三郎の「塞翁が馬」

公開日:

「あの、大事な、大好きな、かわいい我が子が、先に逝ってしまった」

 北島三郎(81)はそう絞り出すように言うと、次の言葉を継ぐことができずに、沈黙した。次男の大野誠さん(享年51)を亡くし、東京・新宿の京王プラザホテルで7日夜に行われた報道陣の囲み取材。左腕をスタッフに抱えられるようにして現れた北島は顔面蒼白で、「子どもに先立たれるつらさ、悲しみが身に染みています」と涙ながらに語った。

 誠さんは北島音楽出版の役員にして、元ミュージシャン。ロックバンド「1st BLOOD」のボーカルとして、1988年にデビューした際には「まだまだ俺にはかなうまい」などと辛口のエールを送ったそうだ。

 北島は改めて、こう振り返った。

「息子だけど、音楽の、とても良い仲間でもあった。良き相方。私ではとても思いつかないような歌詞など、素晴らしいセンスを持っていた。未発表曲もいっぱいあってね、それをこれから、あいつのためにも出していこうかと……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る