徹夜の撮影続き…学校の授業はおろか満足に眠る余裕もなく

公開日: 更新日:

 土日も仕事。映画公開と同じ年に「アラベスク・ロマネスク」で歌手デビューさせてもらってからは、土日こそ仕事であった。早朝にマネジャーが迎えに来て、コンビニで買った朝食を車の中で食べて現場入り。そしてデパートの屋上などでのイベントや握手会を回っていく。いわゆるキャンペーンだ。これは私だけじゃなく、当時の芸能界では当たり前だったと思っている。仕事のあるうちが花とばかり、子どもも大人も本当によく働いていた。

 アイドルタレントは、歌手デビューの年が同じだと同期と呼ばれ、「85年組」には斉藤由貴さん、中山美穂さん、南野陽子さんらがいた。同期といっても、学校や会社とは意味合いがちょっと違う。「ザ・ベストテン」に「歌のトップテン」などの歌番組で一緒になってもご挨拶する程度。テレビ局の廊下ですれ違っても、何人もの大人たちが隣に後ろについていて、電話番号を交換したり、親しくなるような機会はどこにもない。新人賞などの賞レースを争う宿命があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る