徹夜の撮影続き…学校の授業はおろか満足に眠る余裕もなく

公開日:  更新日:

 この頃の芸能界で歌謡大賞やレコード大賞といった大きな賞を取るには、その歌手の実力のみならず、事務所の力も大きく影響していたらしい。

 私は所属していた事務所が小さなプロダクションだったこともあり、それらは自分にはおおよそ関係のないものと思っていた。それでいて賞レースには参加しなければならない。

――どうして私はここに立っているんだろう。

 歌番組の収録などで、なんとなく、そう思うこともあった。子供の頃から憧れていた聖子さんのように「アイドル」にはなれた。想像と違って、戸惑うことも少なくなかったけれど、アイドルに憧れた一番の理由、お姫さまのようなドレスを着たいという願いも、ほどなくしてかなった。

――もう目的は達成できたし、いつやめてもいい。

 そう考えたりもしていた。

 (構成・長昭彦)

▽おおにし・ゆか 1968年7月6日、大阪府豊中市出身の歌手、女優。ドラマ「スケバン刑事Ⅲ」で共演の中村由真、浅香唯とは現在も親交がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る