午後のワイドショー「ドクターX」再放送に完敗の体たらく

公開日:

 10月11日に放送された米倉涼子(43)主演のドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系、木曜21時)の初回視聴率が15.0%と好調なスタートを切った。

 それに先駆けて3日から11日まで、主に15時枠で再放送された米倉の代名詞ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」も6~7%をキープ。最高視聴率は8.5%を記録した。

 対照的に普段からの冴えない数字が浮き彫りになってしまったのが、同時間帯に放送されていた他局のワイドショーだ。リーガルV放送前日(10日)のドクターXが7・7%だったのに対して「ミヤネ屋」(日本テレビ系)は5.2%、「ゴゴスマ」(TBS系)は3.7%、「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)は3.5%だった。

 なぜワイドショーは“惨敗”したのか。ネット上では「似たり寄ったりのニュースばかりより、ドラマの方がマシ」「新しい情報も切り口もないから見る気がしない」と批判的な意見が目立った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る