篠原涼子はシタタカ戦略で…西島秀俊が夫役を受けた理由は

公開日: 更新日:

「主人が背中を押してくださった。こんなにすばらしい作品は読んだことがない、やらないと損だよという言葉に心を突き動かされたんです」

 こう感慨深げに語ったのは、女優の篠原涼子(45)である。六本木ヒルズで開催中の東京国際映画祭で29日に行われた主演作「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)のワールドプレミアに登場。夫で俳優の市村正親(69)の後押しがあり、躊躇していたオファーを受けたと明かしたのだ。

 原作は東野圭吾の同名小説で、事故で脳死と診断された子供を抱える夫婦の苦悩を描いたヒューマンミステリー。2児の母でもある篠原にとってはふたつ返事で引き受けられる役柄ではなかったようだ。一部週刊誌の記事が発端となり、夏ごろから離婚危機説が持ち上がっていたが、それを打ち消すかのような円満エピソードにさる映画関係者もこう苦笑いする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る