篠原涼子はシタタカ戦略で…西島秀俊が夫役を受けた理由は

公開日: 更新日:

「主人が背中を押してくださった。こんなにすばらしい作品は読んだことがない、やらないと損だよという言葉に心を突き動かされたんです」

 こう感慨深げに語ったのは、女優の篠原涼子(45)である。六本木ヒルズで開催中の東京国際映画祭で29日に行われた主演作「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)のワールドプレミアに登場。夫で俳優の市村正親(69)の後押しがあり、躊躇していたオファーを受けたと明かしたのだ。

 原作は東野圭吾の同名小説で、事故で脳死と診断された子供を抱える夫婦の苦悩を描いたヒューマンミステリー。2児の母でもある篠原にとってはふたつ返事で引き受けられる役柄ではなかったようだ。一部週刊誌の記事が発端となり、夏ごろから離婚危機説が持ち上がっていたが、それを打ち消すかのような円満エピソードにさる映画関係者もこう苦笑いする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る