碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

米倉涼子「リーガルV」はトリッキーな設定こそが真骨頂

公開日: 更新日:

 ドクターXこと大門未知子先生が、副業で弁護士事務所を始めたのかと思った。米倉涼子主演「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)だ。

 まあ、毎回大きな目をさらに見開いての手術続きじゃ、天才外科医も疲れるのだろう。そこで制作側の提案。今度は医者ではなく弁護士の話です。ただし手術室、じゃなくて法廷に立つ必要なし。だってヒロインの小鳥遊翔子(米倉)は弁護士資格、ないんだもん!

 しかし、このトリッキーな設定こそが「リーガルV」の真骨頂だ。法律事務所の「管理人」として、所長の京極(高橋英樹)、ヤメ検の大鷹(勝村政信)、若手の青島(林遣都)などの弁護士や、現役ホストの茅野(三浦翔平)、元ストーカーの馬場(荒川良々)といったパラリーガルたちをコキ使って裁判に臨む。

 そこには、“チーム小鳥遊”という集団の活躍を見せることで、スーパーヒーロー型の「ドクターX」や、バディー型の「相棒」との差別化を図る効果も織り込み済みだ。それでいて小鳥遊、大事な局面ではきっちり仕事をしている。先週も裁判の行方を左右する重要証人、被告の恩師(岡本信人)の偽証を見事に覆した。夫の浮気に気がついていた妻(原日出子)の応援を得たのだ。

 加えて小鳥遊の鉄道オタクという遊び心的キャラも、ドラマにユーモアと余裕をもたらしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る