カトパンに芳根京子…花園神社酉の市“タレント提灯”のなぜ

公開日: 更新日:

 鷲神社(浅草)、大國魂神社(府中)と並んで関東三大酉の市として、多くの人々が賑わう東京・新宿は花園神社。毎年11月の酉の日には商売繁盛や金運アップを願って縁起熊手を買い求めにくる人々でゴッタ返すが、おやおや。よ~く見ると境内の奉納提灯には、加藤綾子(33)、千葉雄大(29)、芳根京子(21)と、ノリにノッている芸能人の名前があるではないか。

 いずれもジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。ちなみに同社は港区東麻布に事務所を構えており、吉本興業のように神社のご近所さんという間柄ではない。だからこそ、謎めいてみえるわけだが、どうやらこんな事情があるようで――。

「事務所の上層部の方と花園神社はご縁があって、今年に限らず、ずいぶん前から奉納いただいている。提灯にタレントさんの名前が記載されるのは、その方がより境内をにぎにぎしく盛り上げるのではないかという思いもおありなのでは。毎年、人気や期待の高いタレントさんの名前を入れているそうですよ」(神社関係者)

 芸能の神様も祭っているだけに、才能開花の御利益もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る