カトパンに芳根京子…花園神社酉の市“タレント提灯”のなぜ

公開日: 更新日:

 鷲神社(浅草)、大國魂神社(府中)と並んで関東三大酉の市として、多くの人々が賑わう東京・新宿は花園神社。毎年11月の酉の日には商売繁盛や金運アップを願って縁起熊手を買い求めにくる人々でゴッタ返すが、おやおや。よ~く見ると境内の奉納提灯には、加藤綾子(33)、千葉雄大(29)、芳根京子(21)と、ノリにノッている芸能人の名前があるではないか。

 いずれもジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。ちなみに同社は港区東麻布に事務所を構えており、吉本興業のように神社のご近所さんという間柄ではない。だからこそ、謎めいてみえるわけだが、どうやらこんな事情があるようで――。

「事務所の上層部の方と花園神社はご縁があって、今年に限らず、ずいぶん前から奉納いただいている。提灯にタレントさんの名前が記載されるのは、その方がより境内をにぎにぎしく盛り上げるのではないかという思いもおありなのでは。毎年、人気や期待の高いタレントさんの名前を入れているそうですよ」(神社関係者)

 芸能の神様も祭っているだけに、才能開花の御利益もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る