19年ぶり主演 常盤貴子に「米法廷ドラマリメーク」の不安

公開日: 更新日:

 女優の常盤貴子(46)が19年ぶりにTBSの看板ドラマに座長復帰する。来年1月期クールの日曜劇場枠。美容師役のキムタクと車椅子の図書館司書との純愛を描き、最高視聴率41%超をマークした「ビューティフルライフ」(2000年)以来の登板である。

 昨年放送された倉本聰氏脚本の「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)では老人ホームの敏腕コンシェルジュ役として花を添えていたが、ここ数年は単発ドラマや映画、舞台、ナレーションをメインにマイペースにキャリアを形成してきた常盤。久々の連ドラ主演に「やる気に燃えています」と意欲を見せている。

 ストーリーは決まっている。09年から7年間、米国で放送された「グッド・ワイフ」を原作としたリーガルドラマで、米版の製作総指揮は巨匠リドリー・スコット氏。政治や社会が抱える闇に鋭く斬り込み、家庭の身近な問題もすくいとったリアルさが支持され、シーズン7まで重ねた大ヒット作である。2010年から14年までの間に断続的にNHK・BSでも放送され、日本にも原作ファンは多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る