マネジャーの新幹線移動は勤務外? 芸能界の働き方改革

公開日:

 ビートたけしの独立騒動や渋谷すばるのジャニーズ退所など、芸能事務所をめぐるドタバタが相次ぐ中、すべての事務所が頭を悩ませているのが「働き方改革」への対応だ。

「文書改ざん」「面会否定」「セクハラ」と問題続出の安倍政権にとって、「働き方改革」は実績としてアピールしやすい政策である。そのため国会は、麻生財務相の辞任や柳瀬元首相秘書官の証人喚問を求める野党の審議拒否で空転中だが、政府与党は強行突破も辞さない構えだ。

 もっとも、頭でっかちの官僚たちが国民の働き方を1つに規定して、全ての会社に「ヨーイ、ドン!」で押し付けようとするやり方には無理がある。

 14年前、当時の小泉首相が、勤務実態もないのに厚生年金に不正加入していた過去を国会で野党に追及された際に、「人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです」と言い放ったのは記憶に新しい。これは自己を正当化するための不誠実な答弁だったが、文言だけを拾えばその通りで、会社も社員もいろいろだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る