• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マネジャーの新幹線移動は勤務外? 芸能界の働き方改革

 ビートたけしの独立騒動や渋谷すばるのジャニーズ退所など、芸能事務所をめぐるドタバタが相次ぐ中、すべての事務所が頭を悩ませているのが「働き方改革」への対応だ。

「文書改ざん」「面会否定」「セクハラ」と問題続出の安倍政権にとって、「働き方改革」は実績としてアピールしやすい政策である。そのため国会は、麻生財務相の辞任や柳瀬元首相秘書官の証人喚問を求める野党の審議拒否で空転中だが、政府与党は強行突破も辞さない構えだ。

 もっとも、頭でっかちの官僚たちが国民の働き方を1つに規定して、全ての会社に「ヨーイ、ドン!」で押し付けようとするやり方には無理がある。

 14年前、当時の小泉首相が、勤務実態もないのに厚生年金に不正加入していた過去を国会で野党に追及された際に、「人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです」と言い放ったのは記憶に新しい。これは自己を正当化するための不誠実な答弁だったが、文言だけを拾えばその通りで、会社も社員もいろいろだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る