マネジャーの新幹線移動は勤務外? 芸能界の働き方改革

公開日: 更新日:

 ビートたけしの独立騒動や渋谷すばるジャニーズ退所など、芸能事務所をめぐるドタバタが相次ぐ中、すべての事務所が頭を悩ませているのが「働き方改革」への対応だ。

「文書改ざん」「面会否定」「セクハラ」と問題続出の安倍政権にとって、「働き方改革」は実績としてアピールしやすい政策である。そのため国会は、麻生財務相の辞任や柳瀬元首相秘書官の証人喚問を求める野党の審議拒否で空転中だが、政府与党は強行突破も辞さない構えだ。

 もっとも、頭でっかちの官僚たちが国民の働き方を1つに規定して、全ての会社に「ヨーイ、ドン!」で押し付けようとするやり方には無理がある。

 14年前、当時の小泉首相が、勤務実態もないのに厚生年金に不正加入していた過去を国会で野党に追及された際に、「人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろです」と言い放ったのは記憶に新しい。これは自己を正当化するための不誠実な答弁だったが、文言だけを拾えばその通りで、会社も社員もいろいろだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  5. 5

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る