初作品は大コケ…水谷豊監督2作目は「相棒」のご褒美か

公開日:

 俳優・水谷豊(66)の映画監督2作目の全貌が明らかになった。一部スポーツ紙が報じたところによると、タイトルは「轢き逃げ 最高の最悪な日」(来年5月10日公開)。主演は俳優・三田村邦彦(65)の三男の中山麻聖(29)。地方都市で起きたひき逃げ事件を軸に、関わった人々の感情を掘り下げ、心情の変化を描くサスペンス。中山は水谷が自ら行ったオーディションで主役の座をゲットしたという。

 水谷は監督だけでなく、脚本も手掛け、独自に事件を追いかける被害者の父親役で出演する。

「配給元は東映。神戸で4月下旬から大規模な撮影が行われ、すでに終了。水谷監督の撮り方は独特。まず自らが一度演じて、その通りに役者に演じさせます。つまり、自身の監督作品では自分の“色”に染まる俳優じゃないと起用しない」(映画業界関係者)

 水谷といえば昨年、初監督を務めた主演映画「TAP―THE LAST SHOW―」が公開されるも興行収入はわずか1.2億円で大コケ。2作目も心配だが……。

「本人は映画監督として情熱を燃やしています。東映は水谷主演の人気シリーズ『相棒』を抱えているので、誰も水谷を止められません。とはいえ、2作目はタイトルからして当たるかは微妙です」(前出の関係者)

“ドル箱”相棒の“ご褒美”だと思えば、仕方なしか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る