仕事減り「相棒」が最後の砦…反町隆史の奮起はあるのか

公開日:

 俳優・水谷豊(66)主演のテレビ朝日系人気ドラマシリーズ「相棒」の新作「シーズン17」が、10月からスタートする。

 水谷演じる特命係・杉下右京の“相棒”は、「シーズン14」から冠城亘役で出演している反町隆史(44)が続投。さらに、もうひとりの“相棒”として、前作の最終話で特命係に左遷された浅利陽介(31)扮するサイバーセキュリティー対策本部の特別捜査官・青木年男が加わるという。

「新しい“相棒”として育休中の仲間由紀恵、元SMAPの稲垣吾郎らの名前が浮上し、反町の卒業も近いともっぱらでした。しかし、反町は水谷の覚えがめでたく続投が決定したそうです。ただし、新シーズンは演技力のある浅利が強力なライバル。浅利の方が相棒ファンに受け入れられたら、トコロテン式に反町の卒業もあります」(ドラマ関係者)

 かつては民放キー局で続々と連ドラ主演をこなしていた反町だが、どの作品も視聴率が振るわず。15年10月から“相棒”を務めているが、他にはほとんど映像作品のオファーがないのが実情だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る