井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

MJら大物を揶揄し…クインシー・ジョーンズの醜い炎上商法

公開日:

 明石家さんまが仕事上の信条として言う「丸裸にならない」「品良く、上品に」は、あらかたの炎上事案はこのどちらかを守らなかったがゆえに起きたと断言してもよいほどに、大事なネットリテラシーのツートップである。ただ、わざと丸裸になり、下品に振る舞うことで注目を引く炎上マーケティングも実際にあるだけにややこしい。

 リテラシーへの逆張りとマーケティングがない交ぜになったケースとして参考になるのは、アメリカの大物ミュージシャンでありプロデューサーであるクインシー・ジョーンズの炎上事件だ。日本語ではネット版の「ローリングストーン」であらましが、同じくネット版の「GQ」で同様の話を読むことができる。

 問題とされた主な内容は、ビートルズのポール・マッカートニーとリンゴ・スターはヘタクソだった、マイケル・ジャクソン(MJ)に整形を問いただしたら体質で仕方ないと言い訳をした、さらにはドナ・サマーの曲からパクって「ビリー・ジーン」のサビを作曲したなど、自分が仕事で関係したことがある著名な同僚や後輩たちに関するエピソードだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る