井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

2度目で辟易 石田ゆり子を襲った「忖度しろ」タイプの炎上

公開日:

 自意識過剰な「本当の自分」を押し付けたり、極端すぎる自己表現をいきなり見せつけられても、見る人たちは単に驚いて否定に向かう。一般人の典型的な炎上の仕方である。芸能人や著名人の場合、仕事上の「芸名の自分」とプライベートの「本当の自分」とは、基本的には使い分けている。いわゆる、「仕事では丸裸にはならない」というものだが、そこを混同されて炎上が起きることも珍しくはない。

 もちろん、うかつにルールやマナー違反の画像を投稿して「バカップル」と指弾されるような脇の甘い芸能人や著名人もいるが、繰り返し同じカップルがやり玉に挙げられるように、あまたの中ではむしろ少数派だ。わざわざやる炎上マーケティングでなければ、性格とか持って生まれた脇の甘さだとしか思えない。

 さて、仕事としてプライベートをチラ見せしたことの揚げ足を取られ、上半期に続いて炎上してしまったのが女優の石田ゆり子(49)。今回は後に、彼女が一大決心を吐露するまでの騒動にまで発展してしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る