江藤あやさん<2>施術が難しく…エステサロンは1年で退職

公開日: 更新日:

 東京に出てきたのは、30歳も間近なころ。周囲には止められましたが、役者を極めたいと思って上京しました。

 荻窪にアパートを借りて、まずやることは生活のための職探し。派遣会社に登録をしました。すぐには芝居に関われないかなと思っていたのですが、やっぱりここでも人に恵まれていて。名古屋の舞台でお世話になった湯浅実さんがカトケン事務所(加藤健一事務所)で演技指導をされていて、カトケン事務所の卒業生たちが舞台をやるときに、名古屋弁指導でお手伝いをさせていただくことができたんです。

 それが愛知県岡崎市にある女子師範学校を舞台にした「見よ、飛行機の高く飛べるを」という作品でした。演じる側ではなかったですが、上京後すぐに舞台に関わることができたのは本当にうれしかったですね。おかげで役者の友達もできて、ありがたかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  4. 4

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る