ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

現役医師しゅんしゅんクリニックPは高学歴芸人の最終兵器

公開日:

 一昔前までは、芸人を目指す人で大学を出ている人はほとんどいなかった。ところが、最近では大卒の芸人も多くなり、京大卒のロザン・宇治原史規、同志社大卒のメイプル超合金・カズレーザーのように、高学歴を売りにしてクイズ番組などで活躍する芸人も大勢いる。

 そんな中で高学歴芸人の最終兵器と噂されているのが、医師兼芸人のしゅんしゅんクリニックPである。

 彼は群馬大学医学部を卒業後、2年の研修医期間を経てお笑い養成所のNSCに入学した。

 最初は養成所の同期だった舟生侑大とフレミングというコンビを組んでいたが、2016年に解散してからはピン芸人として活動を始めた。

 2018年7月には「さんまのお笑い向上委員会」に出演。長い手を振り回して踊りながら「医者あるある」を歌う「ヘイヘイドクター」というネタで爆笑を起こし、番組の常連となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る