髙橋隆
著者のコラム一覧
髙橋隆

1949年1月生まれ。学生時代に「走れコウタロー」で知られる「ソルティー・シュガー」の一員としてデビュー。大学卒業後はディレクターに転身し、ビクターエンタテインメントやテイチクエンタテインメントで数々のヒット曲を生み出す。代表作は「ダンシング・ヒーロー」「襟裳岬」「てんとう虫のサンバ」「白いギター」など。現在はフリーの音楽プロデューサー。

日吉ミミ「世迷い言」上から読んでも下から読んでも…

公開日: 更新日:

「世迷い言」(1978年)

 とんがってるっていうか、意表をついた企画色の強い作品はいくつかあって、そのひとつが日吉ミミの「世迷い言」。これはTBS系ドラマ「ムー一族」の挿入歌で、プロデューサーの久世(編注・光彦)さんから、「こんど日吉ミミを出すから」って発注が来た。「走れコウタロー」の頃に「男と女のお話」が売れてたから、歌番組かなんかで一緒になって、日吉ミミとは昔から仲良かったんですよ。

 で、作詞の阿久悠さん、久世さん、日吉ミミ、そして私の4人で企画会議をやったんです。いろいろ話しているうちに出てきたのが、上から読んでも下から読んでも同じっていう言葉。雑誌に載ってたのかな。“八百屋”から始まって“竹やぶ焼けた”みたいな。一番長いのが“ヘアリキッドけつにつけドッキリあへ”。くだらないよね(笑い)。

 そんな中で私がポツリと言った「世の中バカなのよ」って言葉に久世さんが「面白い!」って乗っちゃって……。で、作曲どうしようって話になって、また私が思いつきで「中島みゆきはどうですか」って言ったら、それもまた採用になっちゃって。日吉ミミと何となく歌い方が似てると思ったんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る