髙橋隆
著者のコラム一覧
髙橋隆

1949年1月生まれ。学生時代に「走れコウタロー」で知られる「ソルティー・シュガー」の一員としてデビュー。大学卒業後はディレクターに転身し、ビクターエンタテインメントやテイチクエンタテインメントで数々のヒット曲を生み出す。代表作は「ダンシング・ヒーロー」「襟裳岬」「てんとう虫のサンバ」「白いギター」など。現在はフリーの音楽プロデューサー。

日吉ミミ「世迷い言」上から読んでも下から読んでも…

公開日: 更新日:

「世迷い言」(1978年)

 とんがってるっていうか、意表をついた企画色の強い作品はいくつかあって、そのひとつが日吉ミミの「世迷い言」。これはTBS系ドラマ「ムー一族」の挿入歌で、プロデューサーの久世(編注・光彦)さんから、「こんど日吉ミミを出すから」って発注が来た。「走れコウタロー」の頃に「男と女のお話」が売れてたから、歌番組かなんかで一緒になって、日吉ミミとは昔から仲良かったんですよ。

 で、作詞の阿久悠さん、久世さん、日吉ミミ、そして私の4人で企画会議をやったんです。いろいろ話しているうちに出てきたのが、上から読んでも下から読んでも同じっていう言葉。雑誌に載ってたのかな。“八百屋”から始まって“竹やぶ焼けた”みたいな。一番長いのが“ヘアリキッドけつにつけドッキリあへ”。くだらないよね(笑い)。

 そんな中で私がポツリと言った「世の中バカなのよ」って言葉に久世さんが「面白い!」って乗っちゃって……。で、作曲どうしようって話になって、また私が思いつきで「中島みゆきはどうですか」って言ったら、それもまた採用になっちゃって。日吉ミミと何となく歌い方が似てると思ったんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る