髙橋隆
著者のコラム一覧
髙橋隆

1949年1月生まれ。学生時代に「走れコウタロー」で知られる「ソルティー・シュガー」の一員としてデビュー。大学卒業後はディレクターに転身し、ビクターエンタテインメントやテイチクエンタテインメントで数々のヒット曲を生み出す。代表作は「ダンシング・ヒーロー」「襟裳岬」「てんとう虫のサンバ」「白いギター」など。現在はフリーの音楽プロデューサー。

森進一「襟裳岬」<後> A面かB面かで意見が真っ二つに

公開日: 更新日:

「襟裳岬」(1974年)

 思いつきの企画が通って生まれた「襟裳岬」。作曲の吉田拓郎から届いたデモテープは、ものすごくテンポが速かった。これでは森進一の良さが出ないと私が取った策は、テンポを極端に落とすことでした。アレンジャーに「もっと遅く、遅く!」って。

 そして歌入れの当日。伴奏用のカラオケを聴いたとたん、森進一は「こんなんじゃ歌えない!」って怒り出しました。そりゃそうです。もともとのテンポの速いデモテープを聴いて練習して来てるんですから。その場にいた吉田拓郎もひっくり返ってましたね、なんじゃコリャ(!)って顔で。

 でも結果的に良かったと思いますよ。しかも使ったテークはほとんどがテストで歌った仮歌。まだ歌詞がうろ覚えなので、感情がこもり過ぎてないのが、前半の情景描写には良かったからです。でも、サビの部分はさすが、情感たっぷりに歌い上げて、見事でしたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る