二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

公開日: 更新日:

 ジャニー喜多川社長(87)と姉のメリー喜多川副社長(92)でつくり上げたアイドル帝国・ジャニーズ事務所。男性アイドルに特化したことから、「学校」ともいわれる。歌手でも俳優でもない。アイドルはジャニーズが生んだ新ジャンルだが、俳優と違い原則、永遠にアイドルを続けられない。いずれは卒業して芸能界の別なジャンルに進む。

 AKB48らの女性グループは「卒業」という言葉を使い、いずれ芸能界に羽ばたいていくシステムを取っている。ジャニーズも実質、卒業していくことが運命づけられているが、次なる進路先が簡単そうで難しい。

 過去、ジャニーズ出身者が芸能界の壁に当たるケースを何度となく見てきた。ジャニーズは近年のイケメンブームのはしりとしてさまざまなタイプを輩出してきたが原則、卒業後のアフターケアはない。女性問題で引退した歌謡グループ「純烈」の元メンバーの友井雄亮は昔、関西ジャニーズに在籍していた。一時、舞台に立つまでになったが、「今の成功は事務所の力じゃないか」と葛藤。退所につながったという。嵐の大野智に相通じるものもあるが、アイドル人気は事務所の力によるところは大きい。大事なのはアイドル卒業後の進路先と最終的な人生の選択。すべては自身の選択にかかる。元アイドルが話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る