ハイキングウォーキング鈴木Q太郎が応募した怪しいバイト

公開日: 更新日:

 黒々としたロングヘアを両手でつかみ「卑弥呼さま~!」というインパクト抜群のギャグをかましていたお笑いコンビ「ハイキングウォーキング」の鈴木Q太郎さん。2月9日公開の映画「洗骨」などで俳優としても活躍中だが、かつては怪しいバイトに手を出そうとしたことも……。

  ◇  ◇  ◇

 実家は新潟の米農家です。高校の商業科を卒業して上京した時は三徳という東京のスーパーマーケットに就職するために出てきたので、貧乏ではなかったですね。新大久保に会社の寮があり、ワンルームに会社の同僚と2人で住んでいました。寮費や食費は給料から天引きされたけど、手元に十数万円残り、丸々使っていました。配属は精肉部。仕事にも馴染んで楽しくやっていて、お笑い芸人になる夢はどこかへいってしまい、気がつけば4年。このままではいけないと退職、寮を出て前の相方とマンションをシェア。その頃から貧乏になっていきましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る