米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

公開日: 更新日:

 2月3日に放送された米倉涼子(43)主演の特別ドラマ「疑惑」(テレビ朝日系)をめぐり、ちょっとした“論争”が起きている。11.2%だった視聴率について、「“米倉神話”にもかげりが見え始めた」と解釈するテレビ関係者もいれば、「脇のキャスティングが甘かっただけ」と意に介さない人もいる。どちらが正しい見方なのか?

 米倉が“視聴率女王”と祭り上げられるようになってから、かれこれ6年半が経過する。最初のヒットは2012年10月からオンエアされた「ドクターX~外科医・大門未知子~」。現在までに第5シーズンまで放送された。

 その“女王”が確実にテレビに出ない時期が来る。12年、17年に続き米倉は今夏も人気ミュージカル「シカゴ」に3度目の出演を果たす。7月1日から米ブロードウェー公演に臨み、8月1日からは米国人の役者たちを引き連れて日本で凱旋公演も行う予定だ。

 本来なら、米倉が日本を留守にする間は、“ポスト米倉”を狙う他の女優たちにとって絶好のチャンスのはず。ところが、民放キー局員や事務所関係者から聞こえてくるのはため息ばかり。数字を稼げそうな脚本や企画はあるのに、これを演じる“米倉級”の女優が不在なのだという。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める