総年齢1519歳! 豪華絢爛“やすらぎファミリー”22人が集結

公開日: 更新日:

 まさに豪華絢爛――。テレビ朝日開局60周年記念 帯ドラマ劇場「やすらぎの刻~道」(月~金曜12時半~)の制作発表会見が13日行われ、脚本家の倉本聰氏(84)を含む総勢22人の“やすらぎ”ファミリーが集結した。

 来月8日からスタートし、1年間放送されるテレ朝版の大河ドラマ。同局の早河洋会長から一昨年放送の「やすらぎの郷」続編の執筆オファーを受けたという倉本氏は、その時の様子について、「叙々苑の游玄亭でいただいた熟成肉に気持ちがいっていて、まるでハニートラップに遭ったような感じで(オファーを)引き受けてしまった」とユーモアたっぷりに語り、会場を沸かせた。

 撮影タイムではドローンも登場。平均年齢69歳(総計1519歳!)の会見は大いに盛り上がったのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る