松崎しげるを周囲が心配…オーバーワークで検査入院拒否?

公開日: 更新日:

 昨年1月、松崎しげると30年もマネジャーとして付き合い、松崎の所属事務所の会長にもなっていた大谷勝巳氏が肺炎でこの世を去った。享年53。若すぎる死を悼み、葬儀で松崎は涙を流しながら名曲「愛のメモリー」を歌って大谷氏を送り出した。その後、松崎は悲しみを忘れるためがごとく精力的に仕事を入れ、ライブやディナーショーだけでなく、バラエティー番組にも積極的に出演している。だがあまりの松崎の仕事ぶりに、心配の声も上がっている。事務所関係者の話。

「松崎さんの事務所には、かなり昔に『シルエット・ロマンス』をヒットさせた大橋純子さんがいるものの、他はどうにも芽が出ない歌手や元アイドルがいるだけ。松崎さんの個人事務所も同然なんです。30年も苦楽を共にした戦友である会長との別れで、俺が頑張らなきゃと思いすぎてかなりのハードワークが続いてると聞いてます。2月には、ライブやロケの合間をぬって健康診断のための検査入院を予定してたのですが、本人がそんなの入れるなら仕事すると言い張ったそうです。何とか周りが説得して病院に行かせたらしいですが……」

「愛のメモリー」の大ヒットから42年。松崎も今年で70歳になろうとしている。歌手や俳優は元手こそかからないが、その後は体が資本であることを忘れてはいけない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る