70歳でも枯れることはない 「シルバー世代の性」最前線

公開日: 更新日:

 男たちの性的欲求は、白髪が目立ってきたからといって尽きるものではない。50歳手前で「オレはセックスレスだ」などと吹聴したところで、女房以外の女と裸で2人っきりになったら、我慢できるわけがない。それが男という生き物だ。そして還暦を超えても……。

“いまの60代は元気だ”という。昭和のころの60歳と比べ元気に働いていると同時に、下半身もまだまだ現役との意味合いもあると思う。

 たとえば、昨年、女性記者に「おっぱい触っていい?」と迫ったことがバレた事務次官も、公用車でセクシー個室ヨガに通っていた大臣も共に50代後半だ。呆れた話ではあるが、スケベな2人が60歳を境に性欲がピタリとやむことなど絶対にあり得ない。

「セックスと超高齢社会」(NHK出版)の著者、坂爪真吾氏が言う。

「個人差が大きいとは思いますが、60歳、70歳になっても性に対する興味は若者と変わらないと思います。たとえば、女性がモデルのヌードデッサン会をやると、60、70代の男性が興味津々で参加する。年齢が上がれば勃起機能などは衰えて当然ですが、射精に至らなくても女性に対してコミュニケーションを含めたスキンシップを求める高齢者は多い。性欲は枯れるものではないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る