男性も気にするべき…日焼けクリームと紫外線の悪影響とは

公開日: 更新日:

「課長、焼けましたね~。真っ赤ですよ」

「ハハハ。家族で3日間、西伊豆へね。日焼け止め塗ったんだけどさぁ」

 夏休み明け、オフィスでよく見かける上司と部下のやりとりだ。猛暑の今年は海はもちろん、プールや釣り、サッカーや高校野球観戦で真っ赤になるお父さんも少なくない。

 こうした一時的な日焼けとは別に、ゴルフやテニスで普段から褐色の肌をさらけ出しているサラリーマンもいる。健康的だし、若々しくて裕福そうに見える。女性にモテそうでうらやましい~、なんてやっかみも聞こえてくる。

 だが、考えてみれば、“男の日焼け”は女性ほど警戒感はない。歌手の松崎しげるは、夏も冬も真っ黒け。最たる例だろう。

 対して世の女性たちは、日傘、帽子、手袋、サングラスとさまざまな方法で紫外線を防いでいる。男性はそこまで気にする必要はないのだろうか。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る