男性も気にするべき…日焼けクリームと紫外線の悪影響とは

公開日:

「課長、焼けましたね~。真っ赤ですよ」

「ハハハ。家族で3日間、西伊豆へね。日焼け止め塗ったんだけどさぁ」

 夏休み明け、オフィスでよく見かける上司と部下のやりとりだ。猛暑の今年は海はもちろん、プールや釣り、サッカーや高校野球観戦で真っ赤になるお父さんも少なくない。

 こうした一時的な日焼けとは別に、ゴルフやテニスで普段から褐色の肌をさらけ出しているサラリーマンもいる。健康的だし、若々しくて裕福そうに見える。女性にモテそうでうらやましい~、なんてやっかみも聞こえてくる。

 だが、考えてみれば、“男の日焼け”は女性ほど警戒感はない。歌手の松崎しげるは、夏も冬も真っ黒け。最たる例だろう。

 対して世の女性たちは、日傘、帽子、手袋、サングラスとさまざまな方法で紫外線を防いでいる。男性はそこまで気にする必要はないのだろうか。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る