男性も気にするべき…日焼けクリームと紫外線の悪影響とは

公開日:

「課長、焼けましたね~。真っ赤ですよ」

「ハハハ。家族で3日間、西伊豆へね。日焼け止め塗ったんだけどさぁ」

 夏休み明け、オフィスでよく見かける上司と部下のやりとりだ。猛暑の今年は海はもちろん、プールや釣り、サッカーや高校野球観戦で真っ赤になるお父さんも少なくない。

 こうした一時的な日焼けとは別に、ゴルフやテニスで普段から褐色の肌をさらけ出しているサラリーマンもいる。健康的だし、若々しくて裕福そうに見える。女性にモテそうでうらやましい~、なんてやっかみも聞こえてくる。

 だが、考えてみれば、“男の日焼け”は女性ほど警戒感はない。歌手の松崎しげるは、夏も冬も真っ黒け。最たる例だろう。

 対して世の女性たちは、日傘、帽子、手袋、サングラスとさまざまな方法で紫外線を防いでいる。男性はそこまで気にする必要はないのだろうか。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る