「バイキング」坂上忍に噛み付く"松居一代劇場"真の狙いは

公開日: 更新日:

 元夫・船越英一郎(58)との離婚騒動が沈静化して以来、鳴りを潜めていた"松居一代劇場"が、ここにきてまた活気づいている。

 今度の「お相手」は坂上忍(51)だ。主人公であられる松居一代(61)は9日にブログを更新し、坂上が司会を務める平日昼の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)で虚偽の報道があったと主張。合わせて、YouTubeにも動画をアップし、名誉毀損を訴えている。

 コトの発端は、昨年11月12日放送の同番組だった。なんでも松居が仮想通貨MINDOL(ミンドル)から4億円分のミンドルを"宣伝費"として受け取っていたというもので、松居は番組の取材に対し真実ではないと説明したにも関わらず、おもしろおかしく生放送されてしまった、と主張している。

 それにしても、件の動画のまぁ凄まじいこと。黒地に極太の赤字で〈松居一代 真実を語る〉という物々しいタイトルバックが流れると、満面の笑みの松居が登場。丁寧に挨拶を済ませるもすぐさま語気を荒げていき、わざわざ「あえてワタクシは"様"は付けませんが」と前置きした上で「バイキング」と呼び捨て。今度同じことをやろうものなら名誉毀損で訴えると激昂し、カメラを指差して「司会の坂上忍! あなたのことも即刻、名誉毀損で訴えます!」と"アクセル全開"なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る