• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

今井絵理子に松居一代…2017年を騒がせた女性芸能人たち

 今年は女性が芸能メディアの主役だった。今井絵理子(34)、山尾志桜里(43)は国会議員ながら、話題になったのは共に不倫。井戸端会議の格好のネタとなったが、そこは議員サマ。かたくなに不倫関係を否定して議員の座を守り通した。

「バッジ外したらタダの人」と揶揄される世界。維持するのと失うのでは雲泥の差。必死にしがみつくさまがわかった。「溺れる者はワラをも掴む」

 芸能界では女優の斉藤由貴(51)の不倫が大きな話題を集めた。医師との不倫報道を最初は否定したが、キスにパンツ写真まで出されては認めるしかない。来年の大河ドラマなどの仕事を自ら降板したが、先週末、映画の舞台挨拶に登場。「外していた結婚指輪をしていた。夫婦関係は良好」との指摘もあるが、世間の喧騒をよそに「そんなに慌てた様子はなかった」という話も聞く。


 映画関係者によれば、「今が旬のベテラン女優ですし、どんな役でもこなせる貴重な存在。映画や舞台の世界は彼女をほっとかない。不倫は個人の問題で仕事には関係ない。むしろ、芸の幅を広げた」という。不倫が発覚して仕事を失ったおしゃべりタレントと違い、不倫も芸の肥やしとして消化できる女優は違うと、再認識する。「芸は身を助ける」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る