鶴田真由さん最後の晩餐「おいしい米と漬物、塩があれば」

公開日: 更新日:

女優・鶴田真由さん(49)

 もともと楽しみは後にとっておきたいタイプ。食べ物でも好きなものは後に食べる。好きじゃないものを先に食べ、好きなものは後にして「ああ、おいしかった!」で終わりたい。でも、死ぬまでに食べたいものや行きたいところはとくにありません。最後の晩さんはおいしい米と漬物、塩があればいい。それから大好きなマンゴー(笑い)。

 最近はだんだんイヤなことはなるべくやりたくない、やりたいことはすぐにやりたいになってきたかもしれません。人生も半ばを過ぎたからでしょうか。今年は声や音を使って音楽っぽいことをやろうとしています。音楽家の高木正勝さん(ヱビスビールのCMやアニメ映画「バケモノの子」などの音楽を担当)は限界集落に暮らし、自然と共鳴し、それを切り取って作曲していらっしゃいます。今年高木さんが出されたアルバムを聴いたら、日常がこんなに美しく輝いて感じられるなんてと、感動しました。私が同じように感じるのは死ぬ間際ではないかと思っていましたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る