鶴田真由さん最後の晩餐「おいしい米と漬物、塩があれば」

公開日: 更新日:

女優・鶴田真由さん(49)

 もともと楽しみは後にとっておきたいタイプ。食べ物でも好きなものは後に食べる。好きじゃないものを先に食べ、好きなものは後にして「ああ、おいしかった!」で終わりたい。でも、死ぬまでに食べたいものや行きたいところはとくにありません。最後の晩さんはおいしい米と漬物、塩があればいい。それから大好きなマンゴー(笑い)。

 最近はだんだんイヤなことはなるべくやりたくない、やりたいことはすぐにやりたいになってきたかもしれません。人生も半ばを過ぎたからでしょうか。今年は声や音を使って音楽っぽいことをやろうとしています。音楽家の高木正勝さん(ヱビスビールのCMやアニメ映画「バケモノの子」などの音楽を担当)は限界集落に暮らし、自然と共鳴し、それを切り取って作曲していらっしゃいます。今年高木さんが出されたアルバムを聴いたら、日常がこんなに美しく輝いて感じられるなんてと、感動しました。私が同じように感じるのは死ぬ間際ではないかと思っていましたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る