新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

公開日: 更新日:

 NHKの朝ドラ「なつぞら」が平均視聴率22%前後と好調な数字をキープしている。今週で“北海道十勝編”が完結したが、注目を集めたのが柴田家の長女・夕見子役で出演した女優の福地桃子(21)だ。せりふ自体はそれほど多くなかったが、“十勝弁”を巧みに操り、読書好きで口が達者な娘役を演じ切った。今、北海道では福地がヒロイン広瀬すず以上の人気で、6月8日には北大の大学祭のトークイベントにも参加するという。

 福地は17歳の時に父親の哀川翔が主演を務める単発ドラマ「借王シャッキング~華麗なる借金返済作戦」(テレビ東京系)で女優デビュー。“親の七光”もあったのだろう。その後も「あなたには帰る家がある」(TBS系)などドラマ出演のチャンスに恵まれたが、ブレークには至らなかった。

「福地は哀川の5人きょうだいの末っ子です。哀川はブレークしきれない娘を案じ、知り合いのプロデューサーらにコンタクトを取って、さりげなく娘を売り込んでいたそうです」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る