NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

公開日: 更新日:

 NGT48研究生の高沢朋花(16)と渡邉歩咲(18)が22日、活動辞退を公式ホームページで発表した。2人は、暴行被害と所属事務所AKSの対応に不信感を募らせて卒業した山口真帆(23)の一派といわれており、山口、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)3人の卒業公演にサプライズで参加した在籍メンバーである。

 高沢は「アイドルとしてというよりも人としてその時に感じた自分の気持ちに正直に、ちゃんとこれからの人生を歩んでいきたいと思い……このような決断をさせていただきました」とAKSに三くだり半を叩きつけたともとれる語気の強いメッセージを掲載した。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「“活動辞退”という言葉は“卒業”よりも強く、“アイドルより、人として”という部分に、AKSに対する猛烈な批判が込められています。本人たちがこれだけ強く主張したということは、出ていく者を引き留められないほど迷走している事務所の内情も透けて見える。来月10日に行われるAKSが山口を襲撃した男2人に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論では新事実も出てくるでしょうし、いよいよ“NGTの崩壊”が始まったと言えます。山口さんが大手事務所に移籍できたことで、NGTに残って悶々としているよりも移籍したほうが未来があるということも明らかになったので、山口さんの卒業公演に出演した“残留メンバー”がAKSを出て行くのも時間の問題でしょう」

 今やNGTは、新潟県公認の冠を失い、ホームグラウンドのNGT48劇場は開店休業状態。立て直しのメドは立っていない。ちなみに高沢の好きな言葉は「因果応報」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る