闇営業での謹慎処分前 宮迫博之が語っていた“腕時計哲学”

公開日: 更新日:

 発売中の「GOETHE8月号」(幻冬舎)の腕時計特集を飾るのは、闇営業で一躍“時の人”となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)だ。芸人時計部の会長を務める大の時計好きで、昨夏に続く2度目の登場。宮迫はダンディーな着用写真と共に、愛蔵品を紹介している。いったいどのくらいの価値があるものなのか、高級時計を買い付ける鑑定士に聞いてみた。

「今回誌面で紹介している10本でも総額2000万円はくだらないですね。A.ランゲ&ゾーネが300万円、オーデマ・ピゲのスケルトンが800万円、ダイヤが入ったフランク・ミュラーが300万~400万円。ロレックスのデイトナは正規販売店だと127万円ですが実勢価格だと300万円くらい。百貨店の外商などでは定価での入手が可能ですが、上顧客に『正規価格でお買い上げいただけます』とサービス品として提供するくらいで、ほとんど定価で出回ることはありません。だからおそらく、実勢価格で購入されているはず。パテック・フィリップのワールドタイム5130/Gはホワイトゴールドで680万円、ハリー・ウィンストンも300万から400万円のもので、おおむね300万円以上。以前テレビで1000万円を超えるリシャール・ミルを着用されていましたから、今回は中堅どころをセレクトされたのかもしれませんね。着用していたIWCは20万円程度。生まれ年の時計ということですが、芸人さんとしてイヤミにならないよう、あえて安価なものを着用されたのでは」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  4. 4

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  8. 8

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  9. 9

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  10. 10

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

もっと見る