井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

香港デモに思う…非正規雇用でいいから達者な訳者をつけろ

公開日: 更新日:

「参院選で憲法改正の3分の2の議席数なんかどうでもいいよ」と独り言を言う人たちが居酒屋であふれていた。今、非正規雇用の人が2000万人以上いるとはビックリした。働いてる人の4割だと。しかも、長い間、月給は上がらず安いままだ。老後の2000万円足りない問題が噴き出してから、にわかに社会が揺らいでいる。正社員になれないまま家庭も持てないまま、心まで病んで、ひきこもってしまった中高年が60万人以上もいるとか。そんなことでこの先どうやって暮らしていけるのか、何の希望も持てない人が、今日も思い詰めて老いていく。そんな人に安定した職場を与えられる会社はなかったのだ。そして、今もないのだ。

 アベ首相の年俸は4000万円。何年も辞めずにいるし、毎晩飲み歩いているわけじゃないだろうし、1億5000万ぐらいは貯めこんでいるんじゃないだろうか。鳩山という若い世襲議員など遺産を売って17億入ったとか。“戦争しよう!”と暴言した議員も辞めずにカネだけもらっている。国会議員は自分の給料を減らす政策からやり直したらどうなんだ。未来の見えない選挙にうんざりする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る