大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

1954年浜松市生まれ。明治大学文学部仏文科卒業後、(株)文化通信社に入社。同社特別編集委員、映画ジャーナリストとして、現在に至る。1992年からは独立系を中心とした邦画を賞揚する日プロ大賞(日本映画プロフェッショナル大賞)を発足し、主宰する。著書は「昭和の女優 官能・エロ映画の時代」(鹿砦社)など。

「ジョーカー」を+600円のドルビーシネマで見る価値は?

公開日: 更新日:

 いま、映画館にはスクリーンや音響のさまざまな設備が相次いで導入されている。今月4日、都内「丸の内ピカデリー」で始まったのがドルビーシネマだ。T・ジョイ博多、MOVIXさいたま、梅田ブルク7に次いで国内では4番目、都内では初となる。シネコンではない映画館としては最初の導入だ。

 ドルビーシネマは単純にいうと、画面のクリア感、音響の迫力感に特徴がある。とくに音響面で大きな魅力を放つ。場内全体に行き渡る立体的な音響といってよく、ときには地響きのような体感を味わうことができる。これまでも音響にこだわった設備は多いが、一段と音のボリューム感が増した。

 丸の内ピカデリーでは導入に合わせて館内の大リニューアルも行った。ロビーは全体にシックな装いで暗めのトーンで統一し、高級感を出した。椅子も全席黒仕様で、最前列にはリクライニングシートを設置した。座席数はかつての約半分の256席としたのでコンパクト感が引き立った。隣席との間隔も存分にあり、どの位置からでもゆったりと見られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  7. 7

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る