「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

公開日: 更新日:

 今、ハリウッドでは日本人俳優ブームに沸いている。来年公開予定の映画やテレビの主要キャストにたくさんキャスティングされているためだ。

 ざっと挙げると、アダム・ウィンガード監督の「ゴジラvsコング」。これが小栗旬(36)のハリウッド初挑戦作品となる。フジテレビ系のドラマ「平成物語~なんでもないけれど、かけがえのない瞬間」で主演した山崎紘菜(25)が出演する映画「モンスター・ハンター(原題)」も公開される。伊藤英明(44)は「ドアマン(原題)で名優ジャン・レノと共演するし、山下智久(34)も動画配信サービスHuluのドラマ「THE HEAD」で準主演を務める。

「03年に公開された映画『ラストサムライ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた渡辺謙や、06年に公開された映画『バベル』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた菊地凛子、最近では18年公開の映画『デッドプール2』で忽那汐里がハリウッドの映画関係者の間で話題になりました。ただ、一度にこれだけたくさんの日本人俳優が話題作に出演することは初めてのケースといえるのではないでしょうか……」(現地の映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る