五輪の聖火ランナーは1万人!謎の選考基準と芸能人の人選

公開日: 更新日:

 先週、東京五輪の聖火リレーのルートやランナーが発表になった。聖火リレーの最初が「なでしこジャパン」の2011年W杯優勝メンバーと監督になったが、スタートの日時は3月26日でだいぶ早い。

 驚きは人数。各都道府県の発表によれば神奈川65人、大阪44人、栃木52人などなど。平均50人なら全国で2500人ほどになるが、発表された都道府県枠「内定者」以外に各企業の募集もある。

 組織委によると全ランナーは1万人!(応募は50万人超え)この人数が約4カ月の間、各地の公道を走り、マスコミも報道するわけだ。「聖火リレーにそんな人数が必要なのか? 五輪に乗じたバカ騒ぎでは?」と違和感を持つ人もいるだろうが、大河ドラマいだてん」を見ると昭和39年の東京五輪でも日本各地から大人数を動員して行ったから歴史に沿ったスタイルではあるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る