井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

野蛮人トランプよ、早いとこ弾劾されて消えてくれないか

公開日: 更新日:

 中東諸国はいつまで血を流すつもりだ。アメリカ軍もいつまで介入してるんだ? いい加減、引き揚げたらどうなんだ。両者の宗教はどっちも融通の利かない一神教だ。どっちも他教の神は邪教だし許さないのだ。とんでもない屁理屈の宗教だと思う。でも、どっちも神などそっちのけで殺しあってるだけだ。もともと中東地域は「石油」という財宝が埋まっていたから、シマ(縄張り)争いが始まっただけだ。イランは宗教にとらわれた小国だし、トランプ政権なんぞ「特定抗争指定暴力団」そのものだ。こんな両国に世界中が脅かされている。情けないことだ。日本がわざわざこんな地域に、自衛隊など出す必要もない。どだい、クソな話だろう。

 野蛮人トランプには何を言おうが無駄なことだが、ここで、故・井上ひさしの冒険小説「下駄の上の卵」を改めて紹介したい。1946年、終戦直後の山形の田舎と焼け跡の闇市の東京を股にかけた戦争孤児たちの自由で平和な群像劇だ。実は、これを映画化したいのが今年の抱負。イラン革命防衛隊の司令官はどんな自国の文学に触れながら戦争をしてきたのか知らないが、人は考えて生きる葦だということをちゃんと教えてやりたかった。トランプ、おまえには教えることはない。それより早いとこ、弾劾されて消えてほしいものだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る