an・anで谷間披露 鈴木奈々“おバカSEXY”で狙う打倒みな実

公開日: 更新日:

「Cカップということはトップとアンダーの差は15センチ。十分に弾力がありそうな胸の谷間です。バストの発育効果のあるナイトブラは、ここ数年、モデルやアイドルのアゲアゲアイテムとして話題なんですよ。記事はタイアップと思われますが、それにしても、わずか3カ月でよくぞここまで……。ライザップならぬ、パイザップですよ。エゴサーチが趣味という彼女ですから、今回の好評判に反応して、DそしてEカップとさらなる高みを目指すのかもしれません」

 さらに織田氏は続ける。

「また『an・an』ということで、田中みな実とも印象はカブりますね。彼女も最初はブリっ子として女性から嫌われてましたから。鈴木奈々もいずれは大きくなったバストを武器に写真集を出せば面白い」

 確かに現在、写真集の売り上げが絶好調のフリーアナウンサーの田中みな実(33)のボディーに注目が集まったのも同誌の「美乳特集」に登場したことがきっかけ。バストの成長著しい鈴木は「おバカ+SEXY」という新境地を開拓。打倒! 田中みな実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  3. 3

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る