「テセウスの船」竹内涼真は“視聴率の法則”を破れるか?

公開日: 更新日:

 これまで散々言われているが、ドラマのリアルタイム視聴率は「1話完結型」の「刑事もの」と「医療もの」が強い。その壁を、竹内涼真(26)はブチ破れるか。

 1月スタートのGP(ゴールデン・プライム)帯連ドラで、初回視聴率が2ケタ以上だったのは、フジテレビ月9「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」など5本。竹内主演のTBS日曜劇場「テセウスの船」もその1本で、上位5本のうち唯一、いずれにも属していないとはいえ、やはり“殺人事件”が扱われ、刑事が登場する。

「テセウス」は東元俊哉の同名漫画が原作。“タイムパラドックス・ミステリー”をドラマ化したもので、同ドラマの公式サイトには〈時代を超えた父と子の奇跡〉〈平成元年、父は殺人犯になった〉〈この「謎」に涙する〉の文字が踊る。〈泣ける本格ミステリー〉ということらしい。

「下町ロケット」(2015、18年)、「陸王」(17年)、「ブラックペアン」(18年)と、近年の“日曜劇場枠”に出演してきた竹内が、満を持しての初主演だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  3. 3

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る