「テセウスの船」竹内涼真は“視聴率の法則”を破れるか?

公開日: 更新日:

 これまで散々言われているが、ドラマのリアルタイム視聴率は「1話完結型」の「刑事もの」と「医療もの」が強い。その壁を、竹内涼真(26)はブチ破れるか。

 1月スタートのGP(ゴールデン・プライム)帯連ドラで、初回視聴率が2ケタ以上だったのは、フジテレビ月9「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」など5本。竹内主演のTBS日曜劇場「テセウスの船」もその1本で、上位5本のうち唯一、いずれにも属していないとはいえ、やはり“殺人事件”が扱われ、刑事が登場する。

「テセウス」は東元俊哉の同名漫画が原作。“タイムパラドックス・ミステリー”をドラマ化したもので、同ドラマの公式サイトには〈時代を超えた父と子の奇跡〉〈平成元年、父は殺人犯になった〉〈この「謎」に涙する〉の文字が踊る。〈泣ける本格ミステリー〉ということらしい。

「下町ロケット」(2015、18年)、「陸王」(17年)、「ブラックペアン」(18年)と、近年の“日曜劇場枠”に出演してきた竹内が、満を持しての初主演だ。

「1話完結型ではないミステリーですが、いわゆる“考察ドラマ”ではありません」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍