ロナウジーニョ偽造旅券で摘発…稀代のスターのなれの果て

公開日: 更新日:

 誰が何といっても、サッカー界稀代のスーパースターである。元ブラジル代表の司令塔ロナウジーニョ(39)。

 変幻自在のドリブルを武器にブラジル代表として2002年日韓W杯優勝の原動力となり、名門FCバルセロナ時代には欧州CLとスペインリーグ優勝の立役者となった。2004年、05年にはFIFA最優秀選手に輝いている。

 もっともピッチの外では、プレー以上に破天荒なパフォーマンスばかり。現役時代に何百億円ものギャラを稼いでおきながら、ケタ外れの浪費癖と「だまされやすい性格でうさんくさいもうけ話に乗っては取り巻きに大金を巻き上げられたり、親せきや縁者ら一族郎党に寄生されてケツの毛までむしり取られた」(サッカー関係者)ことでスッカラカンとなり、ブラジルの地元メディアに「預金額は640円」と書き立てられたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  7. 7

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る