ロナウジーニョ偽造旅券で摘発…稀代のスターのなれの果て

公開日: 更新日:

 誰が何といっても、サッカー界稀代のスーパースターである。元ブラジル代表の司令塔ロナウジーニョ(39)。

 変幻自在のドリブルを武器にブラジル代表として2002年日韓W杯優勝の原動力となり、名門FCバルセロナ時代には欧州CLとスペインリーグ優勝の立役者となった。2004年、05年にはFIFA最優秀選手に輝いている。

 もっともピッチの外では、プレー以上に破天荒なパフォーマンスばかり。現役時代に何百億円ものギャラを稼いでおきながら、ケタ外れの浪費癖と「だまされやすい性格でうさんくさいもうけ話に乗っては取り巻きに大金を巻き上げられたり、親せきや縁者ら一族郎党に寄生されてケツの毛までむしり取られた」(サッカー関係者)ことでスッカラカンとなり、ブラジルの地元メディアに「預金額は640円」と書き立てられたこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    日米首脳会談“台湾問題”中国激怒で打撃を受けかねない14社

  10. 10

    習近平はヒトラーになるのか 中国の自信はファシズムの萌芽

もっと見る