ボタフォゴ本田 デビュー戦でいきなり初ゴールのカラクリ

公開日: 更新日:

 欧州主要リーグがコロナウイルス禍で中止の憂き目に遭っている中、新天地でのデビュー戦でゴールを決めて見せる! 

 メディアは「さすがは<持っている男>の面目躍如」と騒ぐ――。ブラジル・リオデジャネイロ州の名門ボタフォゴに移籍し、現地15日のリオ州選手権のバングー戦で初先発&初ゴールを決めた元日本代表MF本田圭佑(33)のことである。

 前半28分、僚友FWがPA内で倒されてPKゲット。ボールをセットした本田はGKの動きとは逆のゴール左に冷静に蹴り込み、チームメートから手荒な祝福を受けた。1―1で迎えた後半18分にベンチに下がり、試合はドロー決着となったが、ピッチを所狭しと動き回った本田の存在感は際立っていた。

 もっとも、これで本田が日本代表で主軸を張っていたころのパフォーマンスが復活したワケではない。というのも、ブラジルには「ブラジル選手権」という全国リーグがあり、各州リーグと並行して行われている。たとえばリオ州からはフラメンゴ、ヴァスコ・ダ・ガマ、フルミネンセ、そしてボタフォゴが参加。サンパウロ州からはサントス、コリンチャンス、パルメイラス、サンパウロの常連チーム。この<ビッグ8>に各州の強豪チームを加えた計20チームが、ブラジル王者をかけてシノギを削っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る