なでしこ最下位も 鈴木良平氏は五輪メダル「可能性あり」

公開日: 更新日:

 アメリカで開催された女子4カ国対抗戦「シービリーブス杯」で日本女子代表(なでしこジャパン=世界ランク10位)の最下位が決まった。日本時間12日午前9時開始のアメリカ(1位)戦を1―3で落とし、スペイン(13位)戦、イングランド(6位)戦に続いて3連敗を喫したのである。

 もっとも、初代なでしこ専任監督の鈴木良平氏は「スペイン戦の1―3惨敗劇からよく立ち直りました」とこう続ける。

「FW岩渕、DF熊谷ら主軸選手以外の国際Aマッチの経験値の低さがスペイン戦、イングランド戦に出ましたが、アメリカ戦では<前向きにプレーすることで持てる力を存分に発揮した>選手が目につき、対戦成績1勝8分け27敗と“歯が立たない”相手に手応えを感じた選手も多かったと思う。MF杉田とMF三浦のダブル・ボランチのパフォーマンスは良かったし、CBタイプのDF土光、DF三宅もサイドバックで奮闘。攻撃陣では、FW田中と背番号10のMF籾木を先発で使うのか? それともスーパーサブ的に終盤の切り札にするのか? 起用法など検討の余地はあるが、チームの伸びしろを感じさせてくれた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る