なでしこ最下位も 鈴木良平氏は五輪メダル「可能性あり」

公開日: 更新日:

 アメリカで開催された女子4カ国対抗戦「シービリーブス杯」で日本女子代表(なでしこジャパン=世界ランク10位)の最下位が決まった。日本時間12日午前9時開始のアメリカ(1位)戦を1―3で落とし、スペイン(13位)戦、イングランド(6位)戦に続いて3連敗を喫したのである。

 もっとも、初代なでしこ専任監督の鈴木良平氏は「スペイン戦の1―3惨敗劇からよく立ち直りました」とこう続ける。

「FW岩渕、DF熊谷ら主軸選手以外の国際Aマッチの経験値の低さがスペイン戦、イングランド戦に出ましたが、アメリカ戦では<前向きにプレーすることで持てる力を存分に発揮した>選手が目につき、対戦成績1勝8分け27敗と“歯が立たない”相手に手応えを感じた選手も多かったと思う。MF杉田とMF三浦のダブル・ボランチのパフォーマンスは良かったし、CBタイプのDF土光、DF三宅もサイドバックで奮闘。攻撃陣では、FW田中と背番号10のMF籾木を先発で使うのか? それともスーパーサブ的に終盤の切り札にするのか? 起用法など検討の余地はあるが、チームの伸びしろを感じさせてくれた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る