芸人ホーキング青山さん 強力ライバルの出現が貧乏の契機

公開日: 更新日:

 1990年代、体に障害のある初の芸人として登場し、先駆けとなったホーキング青山さん。同じく身障者のライバルが出現してから貧乏になり、復活のきっかけはデビュー前からの憧れの人との出会いだった!?

■消費者金融に手を出して借金は最高で300万円

 最初は芸人をやりたくなかったんです。もともと大のお笑いファンで、ビートたけしさんが大好き。高田文夫さんの演芸の会や立川談志さんの落語会を何度も見にいっていて車イスのお客はいないから、話題になっていたみたいで。談志さんには「なんで立ち見席で座っているんだ?」とイジられるくらい名物の客になってました(笑い)。

 ある演芸会の出演者だった大川興業の大川総裁と知り合いになり、若手芸人のコンテストに「出てみろよ」と誘われ、最初は断っていたけど、出ることになって。それが94年。車イスだから、最初はお客さんに引かれたけど、途中からウケました。そこからすぐ下積みもなくデビューできたんです。車イスの芸人がいなかったので、新聞や雑誌に注目されたし、僕のドキュメント番組も作られて、順風満帆なスタートでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る