「新宿カウボーイ」アルバイト不採用でもやしを食べる日々

公開日: 更新日:

 漫才協会所属で、アンバランスな見た目のお笑いコンビ・新宿カウボーイ。50キロに満たない痩せ形メガネキャラの石沢勤さん(39)は堅実にバイトをこなし、普通の生活を送る一方、でかい体を赤いジャケットで包んだ濃いキャラのかねきよ勝則さん(41)は洋七さんの弟子(?)としてカバン持ちで貧乏をしのいで……。

■「がばいばあちゃん」で大忙しの洋七師匠のカバン持ちをして1万円

石沢 新潟から東京に行きました。まだ芸人の養成所が少なくて、専門学校の東京アナウンス学院でお笑いを始めました。でも、学校のライブでもウケなくて。学校を卒業してからはアルバイト生活でした。たまに親からはお金をもらってましたけど。

かねきよ 「漫才やるなら大阪だろ」と北海道から引っ越して、なんばグランド花月の進行や雑用の係に入りました。もらったのは1日3000円くらい。そこで洋七師匠と出会いまして。22年くらい前、B&Bさんが復帰された頃。大好きになり、いつも舞台袖で見てたら師匠と知り合えました。それ以降は「仕事あるからついてきてくれ」と洋七師匠に言われた時に、カバン持ちでついていきました。「佐賀のがばいばあちゃん」が売れて大忙しで、全国を講演会で回られていて、ついていくとお小遣いに1万円くれたので、助かりましたねぇ。ご飯も食べさせてくれるし、楽屋のお弁当が余ると「持って帰れ」と言ってくれましたから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る