嵐活動休止は大野くんの夏休み…“優しい結論”に着地の背景

公開日: 更新日:

「会見では3年前くらいからとかって言ってるけど、もう十何年前からだから」【※1】

 嵐の活動をやめる意思が昔からあったことを語った大野智。大野は、アイドルという“職業を選んだ”のではなく、“職業に選ばれた”といったほうがしっくりくる男だ。

「アイドルになることが夢だったのですか?」と聞かれ「いや、全然。ジャニーズって歌って踊って、何だか大変そうだと思ってたから(笑い)」【※2】と笑う。母親が事務所に履歴書を送ったのだ。ジャニーズJrになってからも「有名人になりたいとか、そういう気持ちが全然なかった」【※3】大野は、18歳でやめようとしていたところ、故ジャニー喜多川に「レコーディングを手伝ってくれ」と言われて、歌ったのが嵐のデビュー曲だった。最初の数カ月は「どうやったら抜けられるかな」と考えていたが、生放送に遅刻して怒られた時に初めて「『もうJrの頃のようにはいかないんだ。就職しちゃったんだ』って気持ち」【※2】になって覚悟を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る