滝沢秀明「裏方こそ全てを出しきれる」生き様はまるで武士

公開日: 更新日:

 あと半年ズレていたら、ジャニーズ事務所は今よりも混迷の時代に入っていただろう。2018年12月31日、滝沢秀明の芸能界引退。そして19年6月、ジャニー喜多川氏が緊急搬送。滝沢秀明は同年1月からはジャニーズJrの育成を担う子会社「ジャニーズアイランド」の社長に就任したが、ジャニー氏が亡くなったのはその約半年後のことだった。そして、同年9月には滝沢がジャニーズ事務所の副社長に就任することが発表された。

 コンビを組んでいた今井翼も「滝沢はもう10代の頃から経営者的な才能があった」(※1)と称賛するが、自分の才覚を生かすためだけにした決断ではないだろう。

 滝沢秀明は恩に生きる男である。現役時代から「ジャニーズに拾われなければ今の自分は想像できない」(※2)、「本当に全てを与えられていたので、少しでも返したい」(※3)と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る