碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

初回の飛び道具に驚き 朝ドラ「エール」制作陣の茶目っ気

公開日: 更新日:

 新しい朝ドラ「エール」が始まった。モデルは作曲家の古関裕而・金子(きんこ)夫妻。世の中がコロナウイルス禍で沈んでいることもあり、明るい気持ちで見られる作品であってほしいと思うが、どうやら大丈夫そうだ。

 注目の第1話で制作陣は「飛び道具」を用意していた。いきなりの紀元前1万年。原始人の男(窪田正孝)と女(二階堂ふみ)が出現する。魚を手に入れた女は喜んで流木をドラムのように叩き、男は踊りだすのだ。

 そのあとも試合前に音楽を聴いて集中するテニス選手(二階堂)、失恋の痛みをフォークソングで癒やす若者(窪田)といったコント風の映像が続く。大昔から音楽が人を励ましてきたことを伝えたかったらしい。まさにエール(声援)だ。この初回では、モデルの古関裕而が作曲した入場行進曲が流れる、昭和39年の東京オリンピック開会式当日のエピソードまで見せてくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  8. 8

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る