小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

公開日: 更新日:

 SNSで政治的発言を続ける女優、小泉今日子(54)が時の人だ。

 小泉は自ら設立し代表を務める制作会社「明後日」のツイッターで、25日には東京高検の黒川弘務検事長の処分に関する安倍首相の記事を貼り、「こんなにたくさんの嘘をついたら、本人の精神だって辛いはずだ。政治家だって人間だもの」と批判。そして「#さよなら安倍総理」「#赤木さんの再調査を求めます」「#赤木さんを忘れない」とのハッシュタグをツイートした。

 学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当、自殺した財務省近畿財務局の赤木俊夫さん(当時54)についても触れ、再調査と安倍の責任追及を求めたのである。小泉を長く取材するスポーツ紙芸能デスクが言う。

「アベノマスクこと、政府配布の布マスクにカビ付着や変色、虫の混入が見つかったと報じられたときも『汚らしい嘘や狡は絶対に許されない』と投稿し驚きましたけど、さらに強まっている印象です。もともと小泉は歯に衣着せぬタイプですが、ここまで大っぴらに、政権批判をするようになるとは。コロナ禍で仕事を失うも補償も受けられず呆然とする芸能人は小泉の意見に深くうなずいているはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  3. 3

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  8. 8

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る